人妻 不倫

不倫後悔懺悔室|10人の不倫経験者が告白。婚外恋愛の地獄と末路

MENU

ダブルワークのアルバイト先で

居酒屋アルバイト
現在30代前半の男性です。
20代前半の時に、約8年間不倫をしていました。

 

相手は、アルバイト先が同じであった女性です。
もともと専業主婦で自由な時間があったこともあり、アルバイトとして夜から夜中にかけて飲食店で勤務していた。

 

彼女は20代半ばで旦那さんと子供が2人いました。
体型は細身でスタイルが良く、清楚な雰囲気で顔立ちは綺麗でありながら可愛らしさも併せ持つ女性でした。

 

性格は周りに気を使いあまり自己主張は強くないが、気心の知れた相手には、我儘であり自分の思い通りにいかないと機嫌を損ねるような人でした。

 

人妻ということ以外は理想の女性

 

不倫のきっかけは、自分に彼女がいなかったことも大きな理由ではあったが、それよりも年上の女性という所にとても魅力を感じ、彼女が結婚していることを除けばまさに理想的な女性であったことです。

 

また自分は独身であり「恋愛は自由だ」と思っていたため、相手と自分とが満足できればそれでいいと、そう思っていました。

 

彼女とのデートは、基本的に深夜にご飯を食べた後、ホテルに向かうことが多かった。
相手の旦那が不在時に、遠方へ出かけては普通のデートを楽しむこともあった。

 

自分に彼女ができたことで

別れ
自分に彼女ができたこともあり、次第に彼女との関係は疎遠になっていった。
しかし、なかなか終わりを迎えられずにいた。

 

数年間は自分にも甘えがあり、彼女から連絡があるたびに会うこともしばしばあった。
今後の事を自分なりに考えて、こちらから一切の連絡を絶つことで2人の関係は終息に向かっていった。

 

一緒にいる時は幸せも感じるが、相手には帰らなくてはいけない場所がある。
冷静になった時に、この先一緒に居られないことや、普通に二人で街中を歩くことさえままならない虚しさを感じていた。

 

また一つの家庭を自分の手で壊しかけていることに気付き、自分の幸せ以外考えていないことを後悔した。
最終的に一緒になるだけの覚悟がお互いにあれば良いのかもしれないが、そうでないならその先にあるのは、世間から浴びせられる冷たい試練があることも考えてほしい。
そして自分だけが幸せであれば何をしても良いのか?冷静になってよく考えてほしい。
もしかしたら、一つの家庭を壊すことになるのだから。