不倫後悔懺悔室

不倫後悔懺悔室|10人の不倫経験者が告白。婚外恋愛の地獄と末路

MENU

誰にも言えない秘密の関係。そう、不倫。

燃えるハート

 

秘密の共有って恋愛テクニックであるくらい、燃え上がらせるものだと思います。

 

不倫をしたことない人からすると少し憧れるところですよね。

 

不倫中の人だと今の状況がどうなるのか心配ですよね。

 

正直、私は今まで不倫にはあまり関係ないと思っていました。
彼女を探せばいいのですが私のように30代となると、相手の女性は結婚を意識した付き合いとなってきます。
しかし、結婚する考えはまったくありません。

 

結婚=彼女から妻に変わると態度が変わる、家庭に縛られる、嫁姑に挟まれる、親戚付き合い、私は子供が嫌いなので子供、など面倒なイメージ以上のものをもてないからです。

 

そこで、結婚というゴールがない付き合い方の不倫に興味を持つようになりました。

 

でも、不倫というと修羅場・慰謝料のイメージがありますよね。
そんなのは嫌ですよね。(笑)
都合がいいのはわかっていますが、実際はどうなのかと思って不倫を経験した人にいろいろと聞いてみました。

 

※ このページでは、浮気と不倫の定義は人によって異なるため、浮気は既婚・未婚かかわらず1・2回だけの関係で不倫はどちらかが既婚者で長期間の関係だと定義して話を進めていきます。

 

出会いは身近なところにあった。

 

不倫相手と出会った場所を聞くと多い順に

 

職場

意外でしたね。職場だとリスクが高いように思うのですが、逆にカモフラージュしやすいからですかね。
仕事から人となりもわかり信頼できるのもありますからね。

アルバイト

ダブルワークで若い人とっていうのがあるんですね。
主婦の人がお小遣い稼ぎにアルバイトっていうのは多いですからね。

同窓会

憧れますよねぇ。「気になってた人と…」って考えるだけでドキドキできますよね。

出会い系サイト

意外ですね。もっと上位だと思っていました。
一度の関係で終わることの方が多いのかもしれませんね。

学校

今回は生徒同士でした。学校と聞くと先生と生徒をイメージしますよね。不倫の代名詞みたいなところもありますよね。(笑)

 

となりました。

 

 

 

やっぱりお酒の力は凄い

白ワイン

 

不倫相手と関係になったきっかけとなったことを聞いてみると。

 

多かったのは「お酒の席」でした。

 

不倫をしようとしたのではなく普段の生活でパートナー以外でなんとなくいいなと思っていた異性とお酒の席でお互いに惹かれあい不倫関係にという回答が多かったですね。

 

お酒の力で理性がなくなり、気持ちのままの行動をとってしまえるといえるのではないでしょうか。

 

 

パートナーへの不満から不倫へ

心の穴

 

不倫をするようになった理由(環境や精神状況)を詳しく聞いてみると

 

  • パートナーとの関係の良くなかった
  • パートナーにない魅力を感じて
  • 刺激を求めて
  • 癒しを求めて
  • 夫が単身赴任・出張が多くと夫が家にいなく寂しい状況
  • 付き合った彼が妻子持ちだったので結果的に不倫になった

 

長い夫婦生活いろいろな状況になりますよね。
中には不妊治療がうまくいかず関係が悪化というのもありました。
パートナーと関係を深めるはずのエッチが、嫌になるのは悲しいですね。
不倫相手にはパートナーが持っていないものを求めている人がほとんどですね。

 

不倫相手とのデートは、居酒屋からのホテルや映画館・カラオケできるだけ人目につかないところが定番ですね。
あとは、旅行ですね。知らない土地で二人でイチャイチャということですね。
カモフラージュできる環境なら職場でのランチっていうのもありました。

 

 

やっぱり、ホテルが一番多かったですね。入ってしまえば誰にも見られないですからね。
あとは、旅行ですね。非日常の相手と非日常な場所でと考えるだけでドキドキしますね。
不倫相手が職場の場合は、不自然に思われないような場所でデートみたいですね。相談に乗っていたなど言い訳もできますもんね。

 

 

不倫の終わりは意外と静かに終わる

割れたハート

 

不倫をしたい人も今、不倫中の人も一番気になるのは不倫の終わり方だと思います。

 

不倫が終わった時のことを詳しく聞きました。

 

これ以上関係が続くと本気になりそうで 不倫相手が転勤で
不倫相手が結婚をして 不倫に疲れた
自然消滅 身内に不倫を気付かれて

 

 

予想では修羅場が多いように思っていたのですが、意外と周りにわからないように終わっている方が多いんですね。

 

話を聞いて一番いい終わり方だと思ったのは転勤、結婚のようなどちらかの生活環境が変わりお互いの納得できる理由があるのがいいと思いました。

 

お互いに同じ時期に不倫に疲れるというのもいいですね。
だけど、お互いが同じ時期に嫌になるというのは難しいですよね。

 

 

不倫のメリット・デメリット

 

メリット

 

不倫は普通の恋愛と違いとても情熱的になりやすいというのが男女ともに不倫のメリットではないでしょうか。
女性にとっては不倫をする男性は家庭にばれずにできるということは非常にマメで優しいタイプが多いと言えます。

 

既婚男性は不倫に刺激を求めている人が多いので不倫ができている時点で満たされているといえます。
なので、不倫相手の女性には優しく接することができ、女性から見ると包容力がある男性に見えます。

 

男女ともに不倫は相手が理想の相手みたいに見えるのではないでしょうか。不倫相手に足りない部分はパートナーが満たしているともいえます。

 

デメリット

 

不倫している時はバレないように周りに気を使ったりするため精神的にも肉体的にも疲労します。不倫相手に心の隙間を満たしてもらっていますがそれ以上に疲労しているのに気づけない状態だといます。

 

不倫はしている時は情熱的になって高揚感がありますが冷静でないといえます。
不倫の関係が終わるとパートナーへの罪悪感から大きな後悔が生まれ、これを一生背負い続けることになります。

 

また、不倫がバレてしまうと自分自身の家庭や相手の家庭を崩壊させてしまいます。
さらに慰謝料など必要となると、社会生活も非常に困難になってしまいます。

 

未婚者の場合、不倫を多く経験してしまうと普通の恋愛では不倫のような高揚感がないために普通の恋愛では満足できなくなってしまいます。

 

まとめ 不倫には普通の恋愛にはない高揚感と大きな後悔が必ずついてくる

割れた時計

 

不倫をしたい方は職場のパートナーに不満を感じている人の悩み相談を居酒屋などで聞いてあげると不倫がしやすいと言えます。

 

ただし、不倫には必ず大きな後悔が必ずついてくるといえます。
周りにバレなければいいと思う方も多いでしょう。

 

バレなければ、一生罪悪感を背負って生きていかなければならないといえます。
罪悪感がなければ別ですが。

 

また、不倫がバレてしまえばお互いに傷つけあうことになります。
家庭を持っているほうは、パートナーや子供の人生もくるわせてしまいます。

 

今回聞いた人は後悔していることはあるが、いい経験だったという人もいます、婚約破棄になって後悔しか残らなかった人もいます。

 

不倫する人は、普通の恋愛では得られないこともありますが、大きな代償もついてくることを覚悟しないといけないでしょう。

 

それでも不倫したい事情がある方へ

 

夫婦にはいろんな形がありますよね。
中でも耐えられなくなってくるのがセックスレス。
自分がエッチしたいのにパートナーは、見向きもしてくれないそれは男性でも女性でもあることでしょう。
男性ではエッチをしたくないという人は少ないと思いますが、女性ではエッチが嫌という人は耳にすることがあります。
また、女性で旦那様がエッチをしてくれないのは、仕事で本当に疲れているのか、旦那様に飽きられて他の女性としてる可能性もあります。

 

そんな時には、ある程度に心の距離を置く愛人契約はおすすめです。
男性からすると愛人契約というとお金がかかるイメージがあると思いますが、最近ではセフレに近い形の愛人契約を望む女性もいます。少ないですが…
女性側からするとエッチをして満たされるのとお小遣いをもらえるのでいい関係ですよね。

 

愛人契約希望ネット

 

このサイトは、アラフォーの中小企業社長が出会い系サイトで愛人契約・パパ活女性と出会う体験談のページです。
しかし、男性・女性向けに愛人契約のアドバイス記事が充実していて、私は一度読む価値はあると思いました。
私は、結婚を希望しない女性だったらいいわけで愛人・パパでもいいかなぁって思ってしまいました。
けど、できるだけお金はデート代以外は掛けたくないですね。
よかったら一度、読んでみてください。